検索エンジンに評価されるサイトとは?良質な記事と被リンクが重要!

  • LINEで送る

Googleでは、「アルゴリズム(必要とされている情報に対して最適な検索結果を提供するためのプログラム)」が検索エンジンに導入されています。アルゴリズムは検索結果の精度を高めるために不定期に更新されます。2010年からは、Yahoo!でもGoogleのアルゴリズムが採用されており、Google・Yahoo!ともに、アルゴリズムに高く評価されることが検索結果の上位表示につながります。

2012年に「パンダアップデート」と「ペンギンアップデート」といわれるアルゴリズムの大きな更新が行われました。(現在もそれぞれのアップデートの更新は行われています。)これにより、検索結果の順位に大きな変動があり、質の悪いサイトは上位から一掃されました。

パンダアップデートとは

パンダアップデートの実施により、サイト自体の質が評価されるようになりました。
質の悪いサイトの順位は下がり、質の高いサイトの順位は上がりました。パンダアップデート後は、良質なサイト作りが上位表示するための課題となりました。

良質なサイトとは

以下はパンダアップデート後に、Googleのウェブマスター向け公式ブログに掲載された「良質なサイトを作るためのアドバイス」を引用したものです。アドバイスを読み、今一度、自分のサイトを見直してみましょう。当てはまる項目が多いサイトは検索エンジンに高く評価されています。

  • あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
  • この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?
  • サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
  • あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
  • この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?
  • このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
  • この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
  • 同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
  • コンテンツはきちんと品質管理されているか?
  • この記事は物事の両面をとらえているか?
  • このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?
  • 次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?
  • コンテンツが外注などにより量産されている
  • 多くのサイトにコンテンツが分散されている
  • 記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
  • 健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?
  • サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?
  • 記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
  • 記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
  • ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
  • 記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?
  • 記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
  • 記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
  • ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?
  • このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?
私が実践していること

私も上記アドバイスを意識しながらサイトを作成していますが、納得のいくサイトには程遠い感じです。知識も技術もまだまだ勉強が必要だと感じています。

ただ、良質なサイトというは結局のところ「人に必要とされ役に立つ情報(良い記事)が詰まったサイト」だと思うので、検索した人の立場に立って記事の内容を考えるようにはしています。自分だったらどんな記事を読みたいだろう・こんな情報があったら嬉しいだろうな、と想像し、構成が決定したら、とにかく情報収集をします。

私の記事を読んで満足してもらえるように、何度も見直し、情報や文章の取捨選択を繰り返して仕上げていきます。時間はかかりますが、1つ1つの記事に全力投球することを心がけています。

「たぶん」とか「きっと」を多用してしまうと、その記事は信用されないと思うので、ひたすら情報収集をして知識を身に付けてから、自信をもって文章を書くようにしています。あとは、定期的に過去の記事を見直して、常に新鮮な情報をお届けできるように努力しています。

満足してもらえる記事(良い記事)が増えていけば、良質なサイトとなり、自然に検索エンジンの評価が高まっていくのではないかと考えています。

ペンギンアップデートとは

以前は被リンクの量が多いほど、検索結果の上位に表示されやすかったのですが、ペンギンアップデートの実施により、質の悪い被リンクを多く集めているサイトの評価が下がり、上位表示されにくくなりました。

質の悪い被リンクとは

  • 質の悪いサイトからの被リンク
  • リンク業者にお金を払うなどして獲得した不自然な被リンク
  • リンクだけを掲載したページからなど、明らかにSEO目的であることが分かる被リンク

などが挙げられます。

ペンギンアップデート後は、自然に張られた質の高い被リンクを集めることが、上位表示するための課題となりました。

質の高い被リンクとは

被リンクの種類は、相互リンクと相手からの一方的なリンクがあります。

量よりも質が重視され、相互リンクよりも、相手からの一方的なリンクのほうが高く評価されます。記事の中で紹介されるなど、自然な形で自身のサイトへのリンクを張ってもらうことが、理想的なリンクの張られ方です。リンク元サイトの質が高いと、さらに評価が高まります。

また、はてなブックマーク、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアで取り上げられ、話題になると、多方面に拡散されることが期待できるので、自然な被リンクが集まりやすいと言われています。

私が実践していること

被リンク獲得のために行っていることは、ブログランキングに参加したことと、オートリンクネットに登録したことくらいでしょうか。相互リンクも少しずつ増やしていきたいと思っています。

評価が高いとされる、相手からの一方的なリンクは、人に紹介したくなるような良い記事を書かないとダメですよね。私が質の良い被リンクを得るためには相当努力が必要だと思っています。

まとめ

SEOの基本を解説した記事で「今も昔も良い記事を書き続けることが一番のSEO対策になっている」と記述しました。今も昔も、良い記事の詰まった本当に質の高いサイトは検索結果から弾き飛ばされることはありません。今後も考えられません。

アルゴリズムの動向を読み、その都度対策を練り、テクニックを駆使しても、いつかはアルゴリズムの更新により、意味がなくなるだけでなく、検索結果に表示されないなどのペナルティを受ける危険さえあるのです。

お小遣いブログで稼ぐ方法講座でも紹介した最低限のSEO対策を施して、あとは、こつこつ良い記事を増やしていくことが大切なのではないでしょうか。

パンダアップデートとペンギンアップデートの実施で、質の悪いサイトが一掃された今、良い記事を書き、サイトの質を高め、自然な被リンクを集めて、検索エンジンに高く評価されるサイトを作ることが重要です。

line

  • LINEで送る